バイナリーオプションの仕組みを知ろう。|バイナリーメカニズム

バイナリーオプションの基本的な仕組みについて説明しています。利益を生む仕組みを知ってバイナリーオプションを楽しもう!

バイナリーオプションの用語集。

バイナリーオプションに関する用語集をまとめました。バイナリーオプションはFXや株と同じ金融商品ですので、バイナリーオプションに限らず金融投資を行う際によく使われる専門用語なども紹介しております。

あ行~

アウトオブザマネー
略称はOTM(Out of The Money)。オプションを行使した時に損失が出てしまう状態のことを、アウトオブザマネーと言います。
コールオプションでは行使価格より市場価格のほうが安くなり、プットオプションでは行使価格より市場価格のほうが高い状態のことを言います。例えば、コールオプションの場合、行使価格100円のコールオプションを持っていた場合、市場価格が90円の時にオプションの権利行使すると、市場では90円で安く買えるところを100円で高く買わなければならず、10円の損失が出てしまいます。プットオプションの場合は行使価格が市場価格を下回る場合を指します。

コールオプションの場合「権利行使価格>市場価格」
プットオプションの場合「権利行使価格<市場価格」

相対取引(あいたいとりひき)
相対取引とは、売り手と買い手が当事者同士で売買を行う方法のことを言います。市場を介さずに双方の合意により取引価格が決定されます。1対1の相対で交渉し、値段、数量、期日、決済方法などの売買内容を決めて売買を行います。
相対取引は大量の株式を売却する場合など、相場に影響を与えずに取引を行うことができるメリットがあります。
アセット
いろいろな業界でこのアセットは使われていますが、本来の意味は資産、財産、持ち物等の意味です。金融の世界では資産の意味でつかわれます。アセット単体では使いませんが、たとえばアセットアロケーションのように訳すと資産配分という言葉になります。
投資の世界では主に、アセットアロケーションと言って現金、株式、債券、不動産などの資産を何パーセントもつかの配分をアセットアロケーションといいます。
アセットアプローチ
アセットアプローチは数ある為替レート決定理論の中の一つです。一般的には金利差によって為替相場が決定されるという考え方です。つまり、保有する金融資産の金利が何パーセントか、また相対する金融資産の金利の差で為替レートが決まって行くという理論になります。簡単にいえば、短期金利が日本はゼロでアメリカは数パーセント程度です。この差がドル高円安に行く根拠にアセットアプローチではなります。
この話は、実質金利の話になりますが、アセット、金融資産とも大体、同義になります。
アットザマネー
略して、ATMと記す場合もあります。コールオプションであろうがプットオプションでも権利行使価格と原資産価格が同じ状態のことをアットザマネーといいます。つまり、オプションを購入した投資家がそのオプションの権利行使をした場合、損得なしの勘定になることを指します。つまり、オプション料だけ投資家が損している状態を指します。
アゲインスト
アゲインストとは、相場が自分に不利な状況となっていることを指します。つまり「損失が出ている状況」のことを言います。具体的には、保有しているポジションが含み損を抱かえている状況です。
アナリスト(証券アナリスト)
アナリスト(証券アナリスト)とは、市場を分析して調査をする者のこと言います。株式市場だけでなく、債券市場、商品市場、景気動向など、経済全体を管轄分野としているいわば金融市場のプロフェッショナルです。
資本市場において影響力が強く、市場での価格設定は彼らの投資判断によって大きく変動します。社会的意義と責任の大きな職業です。金融庁は各証券会社や資産運用会社に所属する証券アナリストには「重要使用人の届け出を義務付けています。
アービトラージ
アベレージコスト
RSI
アナザーウェイ
アノマリー
一目均衡表
移動平均線
インザマネー
ウォールストリート
HLバンド
エンベロープ
円債
一般的には日本政府の発行するものは円債になります。円債とは円で利払い、償還するも債券を円建て債券、円債と言います。逆に、海外の政府や事業体が発行する債券で円貨の利払い、償還をする債券をサムライ債といいます。
最近では、サムライ債の存在はギリシャ政府の償還遅延等では、かなりマスコミで有名になりました。
円高
一般的には、円の価値が上昇している現象を円高といいます。一般的には1ドル=100円から80円に向かうことを円高と言います。
数字では円の数字は減じていますが、価値で考えると100円で1ドルを買えるのと、80円で1ドル買えるのを考えれば、価値は80円のほうが円高なので初心者は混乱しますが価値では80円のほうが円の価値は高くなります。
円安
一般的には、円の価値が下落している現象を円安といいます。一般的には1ドル=100円から120円に向かうことを円安と言います。
数字では円の数字は増加していますが、価値で考えると100円で1ドルを買えるのと、120円で1ドル買えるのを考えれば、価値は120円のほうが円安なので初心者は混乱しますが価値では120円のほうが円の価値は安くなります。
億トレーダー
オプションビルダー
オプションビルダーは、バイナリーオプションの取引方法のひとつになります。通常のハイ&ロー型は、自身で設定できませんが、オプションビルダーは銘柄、満期時間、払い戻し率、投資額を自身で設定できます。自分の腕に自信のあるオプショントレーダーにはいい商品になります。
主に、海外のバイナリーオプション業者で扱っているケースが多いと思います。
オプション取引
オプション取引の概念は、決められた期日に決められた銘柄を決められた価格で購入する権利のことをオプション取引といいます。
たとえば、FXの通常取引では購入した価格で現受けをしなくてはいけませんが、オプション取引は決められた期日、銘柄で取引する「権利」のことを言います。この権利のことをオプション料といいます。
ですから、決められた期日、銘柄で購入する権利なのでその権利を放棄することも可能です。
オールオアナッシングオプション
オールオアナッシングの英語の意味は、やるか、やらないか、ないしは、あるかないか、という意味になります。
オプション取引である、ハイアンドロー取引のバイナリーオプションは、高いか安いかの二者択一であり、あるか、ないかの意味のオールオアナッシングとよく似ているという意味合いからオールオアナッシングオプションと言います。つまり、バイナリーオプションのことです。
終値
一般的な相場取引では、その日の終値のことをいいます。また、チャート上では、週足、月足、分足、時間足等ありますその最後の値段のことを引け値、ないしは終値と呼びます。
株式も商品、為替取引もほとんどの金融商品が24時間取引に移行していますので、終値の定義が曖昧になっています。
為替取引においての終値は、東京時間の終値、引け値は夕方5時になります。また、ニューヨーク市場は夏時間、冬時間がありますので特定はできませんが早朝になります。

か行~

乖離
株式市場
アセット、資産の分類には大別して現金、株式、債券、不動産などがあります。アセットの中の現金には預貯金や為替取引、FXなども含みます。それと同等以上の取引規模はありませんが並んで大きい市場は株式市場になります。
たとえば、日本の円はほとんど金利がゼロですが、株式市場に行けば、配当利回りが現金よりも高い銘柄がたくさんあります。現金、FXの配当が日本円では期待できない以上、FXで金利を得るか、株式市場で配当金を得るかは投資家の判断によります。
為替
為替レート
たとえば、株式の価格や商品の価格はその株式の銘柄や商品の銘柄単体でその株式や商品の単体の価格が必ず設定されます。
ところが、為替相場は、円を100の価値とすると、米ドルの価値は◎○というように相対的な値段になります。簡単にいえば、為替レートというのは円単体では、価値を値段で表現はできませんが、相手国の通貨があれば価格を表示ができるという特殊な値段形成になります。為替の基本としては為替レートが相対的な値段であるということは覚えておくとよいでしょう。
為替スワップ
為替手数料
外為ディーラー
外国為替
昔、江戸時代には両替商というものが存在しました。これは、各地方には藩札と言ってその藩、地方でしか流通してない紙幣がありました。たとえば、地方の人が江戸に来てその藩札を使おうとしても当然使えません。そこでその地方の人は両替商を訪問し、江戸で使える通貨を得るわけです。替えることを為すと書いて為替なのです。
つまり為替とは現地で通貨を替えることを為すという意味になります。今日では、日本国内で使える現金は変わらないわけですが海外で使える通貨は違います。昔は国内での両替を為替といいましたが、現代では外国で為替をしますので外国為替というのです。
キャピタルゲイン
逆指値
経済指標
経済指標は国家が発表する経済の動向を表す指標のことを指します。民間で有名な経済指標は日本ではあまりありませんが海外ではドイツのIFO研究所が発表するIFO経済動向指数が有名です。この経済指標のほとんど政府が発表するのは公的、オフィシャルの性格を帯びているからです。つまり、この指標の数字にはウソはありませんよ、と言っているのです。
FXなどでは、その国の通貨を売買しますのでオフィシャルな統計は必須アイテムになると思います。
ケルトナーチャネル
権利放棄(途中清算)
オプション取引は、予定の期日で決まった銘柄を決まった値段で売買する権利のことを言いますが、そのたとえば、買う権利を思惑が外れて権利を行使しないときに権利放棄といいます。
たとえば、ドル円相場で、100円のときに、120円で1年後に買う権利を購入します。しかし、思惑が外れ円高になってしまったときにその権利を行使せずに権利を放棄することを権利放棄といいます。
コア指数
膠着状態
コール(Call)とプット(Put)
オプション取引は権利の売買になります。たとえば、ドル円相場においての売買の権利であるとすると、売買の権利ですから、売りのオプションと買いのオプションが存在します。
ドル円の将来の価格で、一定量を買う権利のことをコールオプションといいます。反対にドル円の将来の価格で、一定量を売る権利のことをプットオプションといいます。
ゴールデンクロス・デッドクロス

さ行~

σ(シグマ)
市場
実質金利
指数平滑移動平均線(EMA)
指値
60セカンズ
オプション取引とはある銘柄のある時期に一定量を買いつけ、ないしは売りつけする取引の権利のことをオプション取引といいます。
60セカンズとは海外バイナリーオプションの醍醐味と言える取引で、ある銘柄の一定量の売買を1分後に確定する取引のことを60セカンズといいます。60セカンズは60秒のことです、つまり1分のことです。念のため。
指標
順張り・逆張り
相場には二種類の波があります。一つは、トレンド相場です。
たとえば、最近の例でいえば、アベノミクス相場によって大きい流れができています。ドル円相場は70円からたった3年で120円まで円安に行っています、このように大きい上昇や下降の流れができている相場をトレンド相場といいます。この場合は、ドルを買うこと、つまり、流れに沿った張り方を順張りといいます。しかし、持ち合い相場においては、100円から120円のレンジ相場であれば100円まで下がったら、下降トレンドのときに買わなくてはいけなく、上昇トレンドの上限、120円になれば売らなくてはいけなくなります。この流れに逆らった張り方を逆張りといいます。
スリッページ
為替相場の変動が激しいときに自分が成立させたい注文を成行きで注文をした場合、自分の欲しい値段とは全く違う値段で約定するときがあります。この現象をスリッページといいます。業者によっては様々なスリッページ対策をしていますので業者の説明をよく読んだほうがいいかと思います。
スワップ
世界三大市場
為替相場は三極通貨と言い方をします。つまり、ドル、ユーロ、円の三大通貨を三極通貨といいます。
一方オプション市場では世界の三大市場はロンドン、ニューヨーク、東京が圧倒的にオプション取引の取り組みが多いので世界三大市場と言います。あくまでも、為替市場の取引に限った話ですので、株式や商品、債券市場の取組をカウントすると不明になります。
ゼロサム
一般社会では、いいことをすればその後もいいことがあるという考え方が一般的になります。要するに今風の言葉でいえば、プラスがプラスを呼ぶウィンウィンの関係がよいと言われております。
ところがマーケットの世界では自分が大儲けしたら、相手は大損していることは多々あります。一般社会では10が100になることがよいことですが、マーケットの世界では許容量が100であるとすれば、自分が100であるなら相手は0になります。その総和は100以上になることはありません。これをゼロサムといいます。

た行~

建玉
単純移動平均線
対顧客相場
ダウ平均株価
短期金融市場
チケット
デイトレード
テクニカル指標
テクニカル分析
デジタル・オプション
デリバティブ
転換点
天井・底
投資金額
取引回数・取引時間
取引終了時間
トレンド
トレンド系・オシレーター系

な行~

内国為替
仲値
成行注文
日経平均株価
日本円
値洗い

は行~

ハイアンドロー
バイナリーオプション
始値
ビッド
ビッドレート
ピップス(Pips)
評価損益
ファンダメンタルズ
プットオプション
プレミアム
ブローカー
ペイアウト率
ポジション

ま行~

MACD(マックディー)
マーケット注文
マーケットリスク
マイナーカレンシー
マージン
銘柄
メジャーカレンシー
揉み合い

や行~

約定
有効求人倍率
ヨーロピアンオプション

ら行~

乱高下
利食い
リスク管理
流動性
レバレッジ
レンジ型取引(境界)
レンジ相場
連邦公開市場委員会
ロスカット
ローソク足
ロールオーバー
ロングポジション

わ行~

ワンタッチ型取引(タッチ・ノータッチ)

公開日:
最終更新日:2015/03/06