バイナリーオプションの仕組みを知ろう。|バイナリーメカニズム

バイナリーオプションの基本的な仕組みについて説明しています。利益を生む仕組みを知ってバイナリーオプションを楽しもう!

バイナリーオプションのペイアウト倍率の仕組み。

      2015/02/18

業者ごとに違う「ペイアウト倍率」。

バイナリーオプションを提供している会社を選ぶ際によく目にする「ペイアウト率」または「ペイアウト倍率」。これはどの会社のサービスを選ぶかを決める重要な指標です。

ペイアウト倍率=払い戻し倍率

バイナリーオプションペイアウト倍率
ペイアウト倍率とは、要するに予想が的中した時の払い戻し倍率のことを言います。
パチンコで言えば「換金率」、競馬でいうところの「払い戻し倍率」と言えば合点がいく人も多いのではないでしょうか。

バイナリーオプションペイアウト倍率

上記の取引画面をご覧ください。ペイアウト率が75%の取引の例で説明します。
15分後に現在値よりも「低くなる」と予想し、1,000円を賭けたとしましょう。この予想が的中すると、1,000円の75%である750円分が増えて、合計1,750円が払い戻されるという計算になります。
逆に、予想が外れてしまうと掛け金である1,000円は「0(ゼロ)円」になります。

「2倍以上」のペイアウト倍率の取引は難易度が高い。

ペイアウト倍率はハイローの取引で大体1.7~1.9倍くらいのところが多いです。
2倍以上のペイアウト倍率を提供している会社もありますが、ハイローの取引では無く、ハイローよりも難易度が少し高く的中しにくいワンタッチオプションの取引などで2倍以上と設定しているケースが多いです。
(ワンタッチオプションについて詳しく知りたい人はバイナリーオプションの取引の種類を参照。)

2倍以上の難易度の高い取引以外は、ハイローの倍率が約1.7~1.9倍で、2倍に足りたい分の差額はバイナリーオプション会社側の利益となります。勝てば掛け金が7,8割増えて戻ってきて、負けると10割り持っていかれるので、二者択一で無条件で50%の勝率を誇るバイナリーオプションですが、ペイアウト倍率は2倍以下なので50%の勝率では勝てない計算になります。

これを聞くとなんだかプレイヤーにとって不利な条件であるように思えてきますが、ペイアウト倍率が1.7~1.9倍の取引は比較的的中がし易い取引となっているので、6,7割の確率でコンスタントに的中することが出来るようになれば、安定的に資金を増やしていくことが出来るでしょう。
その中で、相場の状況に応じてワンタッチオプションといったような2倍以上のペイアウト倍率の取引で高配当を狙ったりしていくと良いでしょう。

初心者にオススメのバイナリーオプション

BINARY60(バイナリー60)

初回入金額20,000円
最小取引額500円

日本人利用者が多い人気の海外業者!取引を途中でキャンセルできる途中精算機能や、たった60秒で結果が出る短期取引など、初心者の人に優しい仕様が満載です!
更に、初回限定で最大100%のキャッシュバックが受けれるお得キャンペーンを実施中。申し込むなら今が断然お得!
>口コミ・詳細を見る >サイトを見る

 - バイナリーオプション基礎知識

  関連記事

ハイロー
バイナリーオプションの取引の種類。

海外のバイナリーオプションには色々な取引の種類があります。 国内では禁止されてい …

投資の専門知識が無い人でも
バイナリーオプションやってる人ってどんな人?

バイナリーオプションはどんな人に向いているのか? 国内でも海外でも人気なバイナリ …

chokinbako
バイナリーオプションって軍資金はどれくらい必要?

具体的にいくら必要?バイナリーオプションは、FXや株といった投資と違って少額から …

ハイアンドロー
バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションって一体何? バイナリーオプションとは、FXや株と同じ投資の …

バイナリーオプション勝率7割
バイナリーオプションは実際どれくらい稼げるのか?

大儲けできる?! 「バイナリーオプションで月収400万!」「ニートがバイナリーオ …

fxbinary
バイナリーオプションとFXの違い。

同じ為替相場の取引でも大きく違う。 「外国通貨取引」という投資の種類は同じではあ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>