バイナリーオプションの仕組みを知ろう。|バイナリーメカニズム

バイナリーオプションの基本的な仕組みについて説明しています。利益を生む仕組みを知ってバイナリーオプションを楽しもう!

海外のバイナリーオプションのメリット・デメリット。

      2015/02/18

海外業者のメリット・デメリットとは?

バイナリーオプションには国内と海外の業者がありますが、「国内のバイナリーオプション」と「海外のバイナリーオプション」はどちらが良いのでしょうか?
今回は「海外のバイナリーオプション」のメリットとデメリットを紹介したいと思います。

国内に比べてメリットも多い

国内には無いメリットが多い

バイナリーオプションのオリジナルは海外で、メリットも多い。
もともとバイナリーオプションは海外が発祥の地で、イギリスのIGグループホールディングス株式会社が2003年に金融商品化した金融取引で、日本上陸したのが2009年のこととなります。まだ世界的にもバイナリーオプションが歴史の浅い日本に比べると、海外の業者には国内には無いメリットも数多く存在します。

メリット

たった「2分」で始められる。

海外のバイナリーオプションは、国内のバイナリーオプションと違って敷居が低く設けられています。名前・電話番号・メールアドレスさえあれば2分程度で口座開設が出来てしまいます。「バイナリーオプションをやってみたいなぁ」と思ったらすぐにでも始めることが出来るのです。
口座開設をして実際に取引をやってみて、「やっぱり思ったより稼げない」「自分には合わない」と感じたらすぐに退会も出来ますので、とても気軽に挑戦することが出来ます。

それに比べて国内のバイナリーオプションは、まず口座開設をするにあたって名前・住所・電話番号・勤務先情報・年収・口座情報などかなり多くの情報を入力する必要があり、さらにはいくつもの利用規約や約款などに同意をし、最後に取引に関する必要最低限な知識が求められる「試験」を受け、これに合格しなければ口座開設が出来ません。
本人確認なども全て終わった後に、自宅へIDとパスワードが送られてきてここでやっと口座開設が完了するわけです。
実際に取引を始めてみて、合わずにすぐに辞めてしまった人などはこの労力が全て無駄になります。

たった数分で始めることが出来るのは海外のバイナリーオプションのメリットと言えるでしょう。

国内には無い短期の取引が可能。

国内のバイナリーオプションは2013年に自主規制がかかってからは取引の方法に大幅な制限がかかってしまいました。
規制前の国内のバイナリーオプションの取引は、5分や10分で結果が出る短期の取引が主流だったのですが、規制がかかってからは取引に2時間以上間隔を開けなくてはならなくなり、バイナリーオプションの最大の魅力であった「短い時間で結果が出る楽な取引」が無くなってしまったのです。

規制がかかってからは、国内のユーザーは規制対象外の海外のバイナリーオプションへと流れて行きました。
海外のバイナリーオプションは規制がかかっておりませんので、1分、2分、5分といった超短期の取引で取引することが出来ます。
取引時間が短いので、毎日忙しいサラリーマンやOLや主婦の人達の間では絶大な人気を誇っています。

クレジットカードでの入金が可能。

海外のバイナリーオプションはクレジットカードを使って入金することが出来ます。もちろん銀行振込での入金も出来ますが、海外送金が絡んでくるためどうしても国内の入金スピードにはかないません。

初回の最低入金額ですが、国内も海外も相場は同じくらいです。最低入金額の相場は大体¥20,000~¥50,000円程度です。
国内のバイナリーオプションは規制によって一回の取引時間が2時間に延長されたため、1日の取引チャンスは最大でも11回程度しかありません。ということは、それなりに利益を出したいならある程度一回の取引にかける予算も大きくしなければなりません。取引する時のことを考えて入金額を決めるようにしましょう。

お得なキャンペーンが満載。

海外のバイナリーオプションのキャンペーンは、国内では考えられない内容のものが多くあります。
海外業者では入金額に応じて最大100%などの高いボーナスを受け取れる場合が多いので、各業者のキャンペーン情報やボーナス出金条件などもチェックしてから入金額を決めることをお勧めします。

キャンペーン内容の例(Binary60(バイナリー60)の例)
¥20,000~¥39,999 → ボーナス金額30%
¥40,000=¥59,999 → ボーナス金額50%
¥60,000~¥79,999 → ボーナス金額70%
¥80,000~ →ボーナス金額100%

デメリット

入出金に時間がかかる。

海外のバイナリーオプションの場合、どうしても海外送金絡みで入出金には時間を要します。
入金に関しては、クレジットカードが使えるのでカードを使えばすぐに入金できます。銀行振込の場合は1週間程度かかってしまうところもあるみたいです。すぐに取引を始めたい人はクレジットカードでの入金をオススメします。

出金に関してですが、よく海外のバイナリーオプション業者は「出金が遅れる」「なかなか出金されない」という話を聞きます。通常の感覚(国内バイナリー業者を想定した場合)では、入金出金に関しては即座に手続きされるというイメージがあると思います。特に最近の自動ATM等を用いた取引はかなり高速化されており、期日よりも随分早く手続きが済んだというケースも珍しくありません。おそらく「出金がされない」「出金が遅い」と感じている人はこういった”国内”での話を想定されているのだと思われます。

サポート面の不安。

国内のバイナリーオプションの場合はフリーダイヤルで質問などが可能ですが、海外業者ではチャットメールが基本となります。日本人スタッフは在中しているため、そこまで不自由は感じないですが国内業者と比べるとどうしてもサポート面では劣ります。

初心者にオススメのバイナリーオプション

BINARY60(バイナリー60)

初回入金額20,000円
最小取引額500円

日本人利用者が多い人気の海外業者!取引を途中でキャンセルできる途中精算機能や、たった60秒で結果が出る短期取引など、初心者の人に優しい仕様が満載です!
更に、初回限定で最大100%のキャッシュバックが受けれるお得キャンペーンを実施中。申し込むなら今が断然お得!
>口コミ・詳細を見る >サイトを見る

 - バイナリーオプション海外業者

  関連記事

海外業者のことをよく知らないとトラブルが起こりやすい
バイナリーオプションの注意点と危険性。海外業者は危険なの・・・?

海外の業者はトラブルが多いってホントウ・・・? 海外の業者は国内の業者とは違うと …

kaisha
海外業者の選び方「5つのポイント」。

業者の見るべきポイント。 海外のバイナリーオプションの選び方は、国内の選び方とは …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>